【5/24 UP BLOG】花や植物の特徴を覚える - ロビンガーデンスタッフブログ

bakopa

入社して3ヶ月。

少しずつ花の名前や種類特徴がわかるようになってきましたが、
まだまだお客様に尋ねられても花の名前が脳内一致せず、
現物を見ないと特徴を思い出せない新米スタッフKJです。
(せっかく尋ねたのにアンタ知らんのかい!とイライラされているお客様ごめんなさい!)

覚えようにもやはり興味がないとなかなか覚えにくいもので
ここぞとばかり、花や植物を買い漁っております。

そして家族には花や植物の名前を覚えるため!
仕事のため!と言い切っていますが

本当はハイ、水やりの度に植物が欲しくなって買っています。

水やり中はまるで場内カタログです。。。

とはいうものの、
やっぱり

情報を見るのと育てるのとでは
環境も違いますし大違い!

意外と日光がなくても開いてくれる花がいたり
日光好きって言ったじゃん!と
思わされる程お日様でシナシナになる植物がいたり
「育てて覚える」は理にかなっていると思う私です。

入社してすぐの頃、
あるエキスパートスタッフのYさんから
植物の特徴の覚え方を教えていだきました。

それは

「マイナーなものから覚える」

「花は日当たりがあって咲くもの。
では、逆のもの=日光が少なくても咲くもの

から覚えていけば分かりやすいよ」

と教えてもらいました。

エキスパートのY氏も以前先輩にそう教わったそうです。

なるほど!とばかり
まず日陰で咲く花、元気な植物を覚えるため
アシュガやヤマボウシなどを購入していたら

私のベランダはシェード(日陰)ガーデン

になってしまいました!(( ゚∀゚))ハハハ

そうするとおのずとちょっと色のある花が欲しくなり、
すこしずつ花の名前と特徴を覚えてきました

これはお庭にも使える覚え方ではないかと思います!

日当たりが良すぎる、悪すぎるなど

ネガティブな要素があるお庭の場合には
ネガティブな要素から植物を選んでいく
と自分のお庭に最適な植物

が見つかるかもしれませんよ♪

何を植えていいかわからない!
どんな花があるのかわからない!などお悩みの場合はぜひお試しください♪

以上KJでした♪

[この記事を書いた人]

新米スタッフKJ

入社して数ヶ月。水やり3年、修行の身です!
周りのスタッフに優しく支えてもらいながら頑張っています!
お花より観葉植物派ですがグリーンがたまに咲かせる花が大好き♪ まだまだお客様におしえていただくことが多いですが夢は植物マスター。 お客様と植物で盛り上がる日を夢見て修行に励みます!
btn_top